【黒い砂漠モバイル】食糧を増やすオススメの方法

黒い砂漠モバイル記事一覧

 

@はじめに

食糧は、領地民を働かせるために必要なものです。

食糧が枯渇した場合、素材回収が出来ないので大きな痛手となります。

 

枯渇させないように、食糧の生産には気を付けましょう!

ここでは個人的にオススメの方法を紹介します。

 

@領地で菜園をする

食糧調達でベースとなるものです。

領地内ですることができ、1つの柵につき9個の種を植えることができます。

 

初期状態で1つ、指揮所のレベルを上げると最大3つまで、

領地内に建設することができます。

 

検索機能付き、菜園のまとめ

 

種ごとに「収穫時間」「食糧増加量」が設定されており、

個人的にオススメの食糧は上の3つになります。

 

同じ収穫時間のものと比べると少し高いですが、

その分、食糧増加量は1番伸びがいいです。

 

ストーリーの最初に行ける場所は、

セレンディア地方の「アレハンドロ農場」となります。

ワープが使えるのは「グリッシー村」が最初ですね。

 

親密度を上げると5%引きで購入できるようになるので、

早めに親密度を上げておくと出費が少なくて済みます。

(上の3種だと、フローリン村のバレンタイン)

 

@畜舎

畜舎では「鶏」「羊(メス)」といった動物から、

一定時間ごとに「卵」「羊乳」といったアイテムを獲得することが出来ます。

これらのアイテムをバックから使用することで食糧にできます。

 

収穫時間は菜園と同じ8時間と20時間。

菜園に植える種の時間に合わせると一緒に収穫することができ、

管理がしやすくなります。

 

・個人的にと畜はNGな理由

単純に1匹当たり高いんですよね。

・鶏:4.500シルバー

・羊:21.000シルバー

これを毎回していると破産します。

そんなシルバーがあるなら別のことに使いましょう!

なので、繰り返し回収できる卵・羊乳のがオススメです。

 

@魚を食糧にする(緊急時のみ)

釣りで入手した魚も食糧にすることが出来ます。

釣りは放置ですることが出来るので、食糧が枯渇している時に、

魚を食糧にすることで枯渇を防ぐことが出来ます。

 

しかし、この方法はあまりオススメしません。

というのも『魚は金策にもなるアイテム』だからです。

なので、緊急の時のみ魚を食料にするのがいいですね。

 

@最後に

食糧の調達は『菜園』『畜産』をメインでやっていきましょう!

それでも足りないようなら魚を食糧にする形ですね。

 

食糧がなさすぎる時は、領土民に魚を釣りに行かせる方法もありますが、

1時間釣りに作業時間を持って行かれますし、最終手段ですね。

 

黒い砂漠モバイル記事一覧

スポンサーリンク

Author: シェルシェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。