料理道具の種類・詳細

黒い砂漠 記事一覧へ

 

@自宅に料理台の設置

料理をするには、村・首都で自宅を借り、

自宅に料理道具を設置を設置する必要があります。

住居の借り方と家具の置き方

 

@料理道具の売ってる場所

シェフ

村・首都には『シェフ』というNPCが存在します。

このNPCから買うことが出来ます。

 

料理商人の探し方

どこにいるか分からない人は、

画面右上のNPC検索より『料理商人』をクリックすることで

現在地から一番近い料理商人への案内が出ます。

 

@販売している料理道具の種類

NPC販売の料理台
商店を開くと1番上に料理道具の販売があります。

販売されているものは2種類「料理道具」「バレノス伝統料理道具」となります。

 

〇料理道具

1.000シルバーで販売されています。

(労働者制作:粗石×15、溶けた鉄の欠片×10、ブラックストーン粉末×2)

耐久度100なので100回料理をすることが出来ます。

 

耐久度は少なめですが、

時間の増加がないのでちょっとしたものを作るのに最適です。

 

〇バレノス伝統料理道具

50.000シルバーで販売されています。

(労働者制作:粗石×8、溶けた鉄の欠片×10、ブラックストーン粉末×10)

耐久度500なので500回料理をすることが出来ます。

ただし1回当たりの料理が+5秒長くなります。

 

時短のアイテムを使わないで料理した場合、

2時間で料理が完了するのでちょっとした放置時間に使うのがいいかと思います。

 

〇その他料理道具

NPCが販売している料理台はこの2つになりますが、

村・首都の機能:道具工房より労働者を使ってより良い料理道具を作ることも出来ます。

「中級料理道具」「上級料理道具」「セレンティア伝統料理道具」「カルフェオン伝統料理道具」

ただ素材が面倒なので上級者向けですね。

 

・中級料理道具

道具工房2段階で制作可能です。

材料:粗石×25、丸太×10、溶けた鉄の欠片×15、ブラックストーン粉末×7

耐久度:500

 

・上級料理道具

道具工房3段階で制作可能です。

材料:整えられた石×20、使える角材×5、溶けた鉄の欠片×20、ブラックストーン粉末×14

耐久度:900

 

・セレンティア伝統料理道具

道具工房2段階で制作可能です。

材料:粗石×15、丸太×20、溶けた鉄の欠片×15、ブラックストーン粉末×15

耐久度:1250、料理時間+6秒追加

 

・カルフェオン伝統料理道具

道具工房3段階で制作可能です。

素材:整えられた石×15、カエデ合板×8、溶けた鉄の欠片×30、ブラックストーン粉末×30

耐久度:2000、料理時間+7秒追加

 

@最後に

中・上級料理道具は耐久度が低いわりに、

時間増加がないので素早く大量に料理をしたいときに向いているものです。

 

またセレンティア・カルフェオン伝統料理道具は耐久度が高い代わりに

時間増加が付き長時間放置で料理をしたい時に向いているものです。

仮に作るのなら上級・カルフェオン伝統料理道具を作りたいところですね。

 

ただカルフェオン伝統料理道具はそれほど手間はかかりませんが、

上級料理道具を作るとなるとなかなか骨が折れます。

 

上級料理道具はカーマスリビアのウィークリー依頼で手に入れることができます。

〇ラッコ族(釣りをしている)
・湖畔の珍味(貢献度100 / 上級料理道具×1 / ペリ葉×5 / 他)
前提依頼で、3つ釣りの依頼をクリアする必要があります。

カーマスリビア地方デイリー依頼一覧より

比較的簡単に手に入れることが出来るので

ウィークリーですしお休みの日にでもやっておきましょう!

 

黒い砂漠 記事一覧へ

スポンサーリンク

Author: シェルシェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。